PHPのインストール方法と初期設定を解説!(Windows,Linux)

PHPを使って動的なWebサイトやアプリケーションの開発を始めるためには、最初に開発環境を構築する必要があります。

この記事では、WindowsおよびLinux環境にPHPをインストールする手順を紹介するとともに、開発環境を構築するための初期設定についても解説します。

LinuxVPSで利用するなら
ミライサーバー

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

PHPインストールの基礎知識

PHPの基本

PHP動的なWebサイトやWebアプリケーションを作成するためのサーバーサイドスクリプト言語です。

インターネットが急速に発展する現代において、PHPの役割はますます重要になっています。

PHPはオープンソースであり、無料で利用できるため、プログラミング初心者から熟練者まで幅広い開発者にとってアクセスしやすい言語です。

WebサイトやWebアプリケーションを開発する場合、サイトの見た目やインタフェースを開発する「フロントエンド」と、入力されたデータに対してデータベースと連携し、処理をおこなう「サーバーサイド(バックエンド)に分かれます。

PHPはこのうちサーバーサイドの部分を開発に利用します。

PHPを使用した例としては、コンテンツ管理システム(Wordpress)、ブログ、Eコマースサイトなどがあります。

このように、PHPは柔軟性が高く、多くのOSやWebサーバー、データベースと互換性があるため、Web開発の基盤として広く採用されています。

PHPについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

PHPインストール前の準備

PHPをインストールする前に、いくつかの準備が必要です。

まず、PHPをインストールするためのベースとなる環境です。

PHPは多くのプラットフォームで動作しますが、インストールプロセスはプラットフォームによって異なる場合があります。

PHPのベースとして必要なのは、OS(Windows、macOS、Linuxなど)およびWebサーバー(ApacheやNginxなど)です。

さらに、PHPと一緒に動作することが多いMySQLMariaDBなどのデータベース管理システムが必要です。

これらが扱える基本的な知識・スキルを身につけておきましょう。

必要なソフトウェアのインストールとPHPの設定により、スムーズな開発環境を構築できます。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

PHPのインストール方法

ここからは、OS別にPHPのインストール方法について解説します。

なお、OSおよびWebサーバーはインストール済みであることを前提とし、PHPをインストールする手順のみ解説します。

WindowsでのPHPインストール手順

Windows環境でPHPをインストールするには、いくつかのステップを踏む必要があります。

まず、PHPの公式ウェブサイトからWindows向けのPHPインストーラーをダウンロードします。

2024年2月現在、PHP8系の最新は8.3.3がリリースされています。

ここで、自分のシステムアーキテクチャ(32ビットまたは64ビット)に合ったバージョンを選択します。

次に「VS16 Non Thread Safe」「VS16 x64 Thread Safe」が用意されており、環境にあわせて選択しましょう。

どちらを選択するかは、サイドバーに記載されています。

例えば、IISであれば「Non-Thread Safe(NTS)」、ApacheであればApache Lounge で用意されているApacheを使用し、PHPは「Thread Safe(TS)」を使用します。

ダウンロードしたファイルを解凍し、任意のディレクトリにPHPを展開します。

次に、システムの環境変数にPHPのパスを追加することで、コマンドプロンプトやパワーシェルからPHPコマンドをグローバルに実行できるようにします。

これには、システムプロパティの「環境変数」設定を開き、「Path」変数を編集して、PHPのディレクトリパスを追加します。

Windowsの場合、システムプロパティは以下の方法で画面遷移します。

    • 「コントロールパネル>システム>システムの詳細設定」
    • 「スタートボタン右クリック>システム>システムの詳細設定」

※画面はWindows11のもの

環境変数「Path」を編集し、PHPをインストールしたパスを追記します。

設定後、コマンドラインを開いてphp -vを実行し、PHPのバージョン情報が表示されれば、インストール成功です。

PHPをApacheなどのWebサーバーと連携させる場合は、追加の設定が必要になることもありますが、基本的なPHPのインストールはこれで完了です。

▼WindowsのVPSはこちらから▼
\ 2週間無料でお試しできます! /

Windows VPSを使ってみる

LinuxでのPHPインストール手順

Linux環境では、PHPのインストールがより簡単で、多くの場合、パッケージマネージャーを通じて行われます。

例えば、UbuntuやDebian系のディストリビューションを使用している場合は、aptコマンドを使用します。

まず、ターミナルを開き、sudo apt updateを実行してパッケージリストを更新します。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

次に、sudo apt install phpコマンドを実行してPHPをインストールします。

Apacheと連携するときは「libapache2-mod-php」、MySQLと連携するときは「php-mysql」を一緒にインストールしておきましょう。

$ sudo apt install php libapache2-mod-php php-mysql

続行しますか?と聞かれたら、「Y」を入力します。

※事前にオプションで「-y」をつけることで、聞かれずにインストールも可能です。

PHPが正しくインストールされているか確認するために、以下のコマンドを実行します。

正しくインストールされていれば、バージョン情報が表示されます。

$ php -v

PHPのインストールが成功したことを確認したら、ApacheとPHPを連携させるため、一度Apacheを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

PHPがApacheと正しく連携しているか、テストページを作成して動作を確認します。

まず、以下のコマンドでテストページを作成します。

$ sudo vi /var/www/html/test.php
※test.phpの内容
<?php echo phpinfo(); ?>

テストページを作成したら、ブラウザでURL「http://localhost/test.php」にアクセスし、先ほどと同様正しく表示されるか確認しましょう。

Linuxの場合、多くのディストリビューションでApacheやNginxといったウェブサーバーがプリインストールされており、PHPとの連携も容易です。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

インストール後の初期設定

PHPの設定ファイル(php.ini)の基本

PHPをインストール後、最適なパフォーマンスとセキュリティを確保するために、php.iniファイルの初期設定を行うことが重要です。

php.iniファイルは、PHPの動作をカスタマイズするための主要な設定ファイルであり、エラーログの扱い、ファイルアップロードの制限、リソース制限など、様々なオプションを調整することができます。

このファイルは、PHPをインストールしたディレクトリ内にありますが、場所はOSやインストール方法によって異なる場合があります。

Windowsであれば解凍したphpのフォルダ内にあり、インストール直後であれば、2つのひな型のファイルが存在します。

    • php.ini-development:開発環境用
    • php.ini-production:本番環境用

環境にあわせて、どちらかのファイルをコピーし、ファイル名を「php.ini」に変更して作成します。

Linuxであれば、正確な場所をコマンドによって確認できます。

$ php –ini

※php 8.1の場合

日本語化の設定

ここからは、具体的なphp.iniの設定についてみていきます。

最初に、日本語化の設定です。

これを修正しておかないと、日本語が表示されなかったり、文字化けが発生したりします。

日本語を利用するには、拡張モジュール「mbstring」を有効にします。

php.ini内で「extension=mbstring」で検索し、コメントアウトされているのを削除します。

[修正前]
;extension=mbstring
[修正後]
extension=mbstring

次に、mbstringのセクションを見ていきます。

以下のパラメータは、先頭のコメントアウトをはずし、必要に応じて設定していきます。

パラメータデフォルト値意味
mbstring.languageJapanese 使用する言語
mbstring.encoding_translationoffHTTP入力文字変換
(off=無効)
mbstring.detect_orderauto文字コードの自動判別
mbstring.substitute_character無効な文字を代替する文字
mbstring.strict_detection文字コードの自動判別を厳密に行うか

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

PHP開発環境の構築

テキストエディタとIDEの選択

PHP開発を始めるにあたって、効率的なコーディング環境を整えることが重要です。

扱いやすいテキストエディタ統合開発環境(IDE)を選択すると、効率よくコーディングを行うことができます。

PHP開発で人気のツールをまとめました。

カテゴリツール名プラットフォーム費用特長
テキストエディタSublime TextWndows,MacOS,Linux$99 USD
(無料で試用可)
軽量、高速、多機能
Visual Studio CodeWndows,MacOS,Linux無料Microsoftが開発、豊富な拡張機能
Notepad++Windows無料軽量、プラグインによる機能拡張、複数言語のサポート
IDEAtom IDEWndows,MacOS,Linux無料GitHubが開発、拡張性が高い
EclipseWndows,MacOS,Linux無料Java開発に強い、豊富なプラグイン、大規模開発向け
PhpStormWndows,MacOS,Linuxサブスクリプション
(30日間無償版あり)
PHP開発に特化

Sublime TextやNotepad++はシンプル且つ、軽量で人気があります。

一方、より高度な機能を求める開発者は、PHPStormやVisual Studio Codeがおすすめです。

また、PHPにはLaravelやSymfonyをはじめとした多くのフレームワークがあます。

開発をサポートする豊富な機能をもったツールを選択することで、デバッグ時間の短縮、生産性の向上、品質の高いコードの作成につながります。

まとめ

本記事では、PHPのインストールについて解説しました。

多くのプログラミング言語の中でもPHPは習得しやすく、初心者にもおすすめです。

インストールでは、プラットフォームやバージョンによってインストール手順や設定ファイルの場所などが変わる場合があるため、注意しましょう。

今回の手順を参考に、PHPの開発環境を構築してみてください。

UbuntuをVPSで利用するならミライサーバー

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSD全プランに搭載しています。

OSは、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから選択することができます。

2週間無料トライアルを実施しておりますので、まずはお気軽にお試しください。

▼ミライサーバーについてはこちら▼Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

プランの選択でお困りの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

おすすめ記事 最近の記事
  1. VPSに申込み、SSH接続するまでの流れ【ミライサーバー】

  2. KUSANAGIとは。超高速CMS実行環境でWordPressが高速に!

  3. レンタルサーバーからVPSへの移行!方法や注意点を解説

  1. Go言語とは。特長とできること、将来性について解説!

  2. オブジェクト指向とは。概念、メリット・デメリットを解説!

  3. Pythonの使い方とは。実行方法やできることを解説!

ランキング

  1. 1

    Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

  2. 2

    UbuntuにSSHサーバーを構築し、SSHに接続する手順【初心者向け】

  3. 3

    SSH接続とは。リモートコンピューターへの接続方法をわかりやすく解説

カテゴリー

TOP