LAMP環境を構築する手順【Ubuntu20.04 LTS、Ubuntu 22.04 LTS】

LAMP環境とは、Linux、Apache、MySQL、PHPを使用した主流のWeb開発環境です。

全てオープンソースソフトウェアで構成されているという特徴があります。

本記事では、LAMP環境の特徴やメリット・デメリット、LAMP環境を構築する手順を紹介します。

構築手順は、Ubuntu20.04 および Ubuntu22.04 の2つのバージョンでの手順を解説いたします。

Ubuntu 20.04では、taskselコマンドをつかって、一度にLAMP環境を構築することができましたが、Ubuntu 22.04ではtaskselのタスクリストから、lamp-serverが除外されており、1つずつパッケージをインストールする必要があります。

お手持ちのUbuntuのバージョンにあわせた構築方法を参考にしてください。

LinuxVPSで利用するなら
ミライサーバー
\2週間無料・全プランSSD搭載/
VPSを使ってみる

LAMP環境とは

オープンソースソフトウェアを組み合わせたWebアプリケーション環境

LAMP環境とは、Webアプリケーション環境のことで、以下のソフトウェアの頭文字をとったものです。

・Linux(OS)

・Apache(Webサーバー)

・MySQL(データベース)

・PHP(プログラミング言語)

これらはすべてオープンソースソフトウェアであり、無料で利用できます。

そのためコストを抑えて構築することができ、多くのWeb環境で使用されています。

LAMP環境のメリット

LAMP環境はすべてオープンソースソフトウェアで構成されているため、無償で使うことができ、コストがかからないことがあげられます。

そのため、学習目的で使用するにも適しています。

また改変も自由に行え、汎用性も高くさまざまなシステムで利用できます。

LAMP環境のデメリット

オープンソースソフトウェアのデメリットは、開発元からのサポートが得られない点があげられ、LAMP環境にもこれが該当します

また、技術的にやや古いということもあり、セキュリティーや運用面でのリスクの対応が求められます

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

UbuntuにLAMP環境をインストールする手順

Ubuntu20.04 および Ubuntu22.04 の2つのバージョンでの手順を解説いたします。

Ubunto 20.04では、taskselコマンドをつかって、一度にLAMP環境を構築することができましたが、Ubuntu 22.04ではtaskselのタスクリストから、lamp-serverが除外されており、1つずつパッケージをインストールする必要があります。

お手持ちのUbuntuのバージョンにあわせた構築方法を参考にしてください。

Ubuntu環境の前提条件

今回は、仮想マシン上に構築されたUbuntuを使用します。

仮想マシンのスペックは以下のとおりです。

    • CPU:2vCPU
    • Memory:4GB
    • Disk:50GB・Ubuntuのバージョン:20.04.6LTS、 22.04.2 LTS

また、コマンドの標記については、実際に入力するコマンドを太字、補足の内容を青字で記載しています。

なお、今回パッケージをインストールするには、管理者権限が必要です。

rootアカウントを使用するか、通常ユーザー(以下の例では、testuser)をsudoグループに追加しておきましょう。

# usermod -aG sudo testuser

Ubuntu 20.04 LTSにLAMP環境をインストールする手順

ここからは、Ubuntuの20.04上にLAMPを構築する手順について紹介します。

20.04 LTSの場合は、taskselを使用することで簡単に構築が可能です。

手順1. パッケージのアップグレード

最初に、パッケージをアップグレードします。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

手順2. taskselのインストール

taskselは、事前に定義された複数のパッケージを一度にインストールすることが可能です。

以下のコマンドで、taskselをインストールします。

$ sudo apt install tasksel

続行しますか?と聞かれたら、「Y」を入力します。

※事前にオプションで「-y」をつけることで、聞かれずにインストールも可能です。

taskselをインストールしたら、taskselで事前に定義されているパッケージを確認してみます。

以下のとおり「lamp-server」が表示されるので、taskselでLAMP環境の構築に必要なパッケージを一度にインストールできます。

$ sudo tasksel list-tasks (※—は-2回重ねる)

手順3. LAMP環境のインストール

taskselで、lamp-serverに必要なパッケージをインストールします。

$ sudo tasksel install lamp-server

画面が切り替わり、インストールが始まります。

手順4. インストール後の動作確認

lamp-serverをインストールすると、「Apache」「MySQL」「PHP」がすべてインストールされています。

それぞれが正常に動作しているか確認してみましょう。

最初に、Apacheの動作を確認します。

以下のコマンドでサービスの稼働状況を確認し、「Active」となっていれば、Apacheが起動しています。

$ sudo service apache2 status

ブラウザでURL「http://localhost」と入力し、デフォルトのページが表示されれば、正しくインストールされています。

次に、MySQLが正しくインストールされているか確認するために、以下のコマンドを実行します。

MySQLは、オープンソースのデータベース管理システムです。

正しくインストールされていれば、バージョン情報が表示されます。

$ mysql version  (※—は-2回重ねる)

あわせて、MySQLのセキュリティーを強化するスクリプトも実行しておきましょう。

$ sudo mysql_secure_installation

このスクリプトによって、以下のことが実行されます。

    • rootアカウントのパスワード設定
    • ローカルホスト以外からアクセス可能なrootアカウントの削除
    • 匿名ユーザーアカウントの削除
    • testデータベースおよびtest_で始まる名前を持つデータベースへのアクセス権限の削除

 

最後に、PHPのインストールを確認します。

正常にインストールできていれば、バージョン情報が確認できます。

$ php -v

Apacheにアクセスして、実際にPHPが動作するか確認するため、テストページを作成して動作を確認します。

まず、以下のコマンドでテストページを作成します。

$ sudo vi /var/www/html/test.php
※test.phpの内容
<?php echo phpinfo(); ?>

テストページを作成したら、ブラウザでURL「http://localhost/test.php」にアクセスします。

ApacheとPHPの連携がうまくできていれば、以下のPHPの情報が記載されたページが表示されます。

このように、Ubuntu 20.04 LTSの場合は、taskselを使用することで簡単にLAMP環境を構築することができます。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

Ubuntu 22.04 LTSにLAMP環境をインストールする手順

Ubunto 20.04では、taskselコマンドをつかって、一度にLAMP環境を構築することができました。

しかし、Ubuntu 22.04ではtaskselのタスクリストから、lamp-serverが除外されており、taskselを使用したインストールを実行することができません。

そのため、1つずつパッケージをインストールする流れとなります。

手順1. パッケージのアップグレード

最初に、パッケージをアップグレードします。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

手順2. Apacheのインストール

最初に、以下のコマンドでApacheをインストールします。

$ sudo apt install apache2

続行しますか?と聞かれたら、「Y」を入力します。

※事前にオプションで「-y」をつけることで、聞かれずにインストールも可能です。

Apacheをインストールすると、インストール直後から起動しています。

ブラウザでURL「http://localhost」と入力し、デフォルトのページが表示されれば、正しくインストールされています。

手順3. MySQLのインストール

MySQLは、以下のコマンドでインストールします。

$ sudo apt install mysql-server

続行しますか?と聞かれたら、「Y」を入力します。

※事前にオプションで「-y」をつけることで、聞かれずにインストールも可能です。

MySQLが正しくインストールされているか確認するために、以下のコマンドを実行します。

正しくインストールされていれば、バージョン情報が表示されます。

$ mysql version (※—は-2回重ねる)

あわせて、MySQLのセキュリティーを強化するスクリプトも実行しておきましょう。

$ sudo mysql_secure_installation

手順4. PHPのインストール

最後にPHPをインストールします。

これは、サーバー上でPHPスクリプトを実行するために使用されます。

以下のコマンドで、PHPをインストールします。

$ sudo apt install php libapache2-mod-php php-mysql

続行しますか?と聞かれたら、「Y」を入力します。

※事前にオプションで「-y」をつけることで、聞かれずにインストールも可能です。

PHPが正しくインストールされているか確認するために、以下のコマンドを実行します。

正しくインストールされていれば、バージョン情報が表示されます。

$ php -v

PHPのインストールが成功したことを確認したら、ApacheとPHPを連携させるため、一度Apacheを再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

手順5. ApacheとMySQLの自動起動設定

インストールした直後はどちらも起動していますが、Ubuntuを起動した直後は、停止状態になっています。

Ubuntuを起動した際に自動的にApache、MySQLも起動するように設定していきます。

Apacheの自動起動設定を有効化します。

$ sudo systemctl enable apache2

MySQLの自動起動設定を有効化します。

$ sudo systemctl enable mysql

手順6. PHPの動作確認

念のため、Apacheにアクセスして、実際にPHPが動作するか確認するため、テストページを作成して動作を確認します。

まず、以下のコマンドでテストページを作成します。

$ sudo vi /var/www/html/test.php
※test.phpの内容
<?php echo phpinfo(); ?>

テストページを作成したら、ブラウザでURL「http://localhost/test.php」にアクセスし、先ほどと同様正しく表示されるか確認しましょう。

以上で設定は完了です。

まとめ

本記事では、Ubuntu20.04 および Ubuntu22.04 上にLAMP環境(Linux、Apache、MySQL、PHP)を構築する手順をご紹介しました。

Webエンジニアを目指すなら、この環境を自分で構築してWebアプリケーションを開発する技術が必要です。

また、自分でWebアプリケーションを開発したいと考えている人も、この手順に沿って実行すれば簡単に構築できます。

無料で環境を構築できるので、今回ご紹介した手順を参考にぜひ構築してみてください

LAMP環境を構築するならミライサーバー

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSD全プランに搭載しています。

OSは、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから選択することができます。

2週間無料トライアルを実施しておりますので、まずはお気軽にお試しください。

▼ミライサーバーについてはこちら▼Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

プランの選択でお困りの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

おすすめ記事 最近の記事
  1. VPSに申込み、SSH接続するまでの流れ【ミライサーバー】

  2. KUSANAGIとは。超高速CMS実行環境でWordPressが高速に!

  3. レンタルサーバーからVPSへの移行!方法や注意点を解説

  1. 「侍エンジニアブログ」に掲載されました(2024年4月)

  2. プログラミングとは。基礎知識と活用方法を解説!

  3. 【初心者向け】PHPプログラムの実行方法を詳しく解説!

ランキング

  1. 1

    Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

  2. 2

    UbuntuにSSHサーバーを構築し、SSHに接続する手順【初心者向け】

  3. 3

    SSH接続とは。リモートコンピューターへの接続方法をわかりやすく解説

カテゴリー

TOP