SSDとHDDの違いとは。特徴や選び方をわかりやすく解説

コンピューターに搭載されている内蔵ストレージには、SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の2種類があるのをご存じでしょうか。

この2つの違いがあまり分からない人もいると思います。

VPSなどのサーバーをレンタルする場合、内蔵ディスクをSSDとHDDのどちらかから選択できる場合があります。

これらの違いを理解しないまま適当に選んでしまうと、パソコンやサーバーの性能に大きく影響します。

そのため、SSDとHDD、この2つの特徴と違いを理解することは大変重要です。

本記事では、SSDとHDDの特徴やメリット・デメリット、違いについて解説します。

VPSならミライサーバー
\2週間無料・全プランSSD搭載/
ミライサーバーを無料で試す

SSDとは

SSD(ソリッドステートドライブ)とはどのようなもので、HDDと比較してどのような違いがあるのでしょうか。

SSDの構成

SSDは、USBメモリやSDカードと同じく半導体メモリを使用した記憶媒体です。

主にNANDフラッシュメモリ、キャッシュメモリ、コントローラ、インタフェースで構成されています。

SSDをコンピューターの内蔵ストレージとして利用する場合は、マザーボードとSSDのインタフェースを接続します。

そして、CPUから出されるデータの読み書きの命令を、インタフェースを通してSSDのコントローラに転送し、コントローラにて命令が処理されます。

インタフェースには、IDEやSATA、PCI Expressといった複数の規格に対応した製品が存在します。

データの読み書きやエラーの修正を制御するのがコントローラであり、コントローラの性能がSSDの性能に大きく影響します。

実際のデータは、基板に複数搭載されているNAND型フラッシュメモリに書き込まれます。

フラッシュメモリへの読み書きはデータを細かい単位で並列アクセスにより行うため、シーケンシャルアクセス、ランダムアクセスどちらも高速で行えます。

なお、管理用の情報は一時的に使用したデータはキャッシュメモリにも書き込まれます。

SSDによっては、キャッシュメモリがない製品も存在します。

SSDのメリット

HDDと比較した場合の、SSDのメリットは以下があげられます。

    • 読み書きが非常に早い
    • 静音性に優れている
    • 小さくて軽量
    • 耐衝撃に優れている
    • 消費電力が少ない

データの保存先であるNAND型フラッシュメモリは、高速なデータの読み書きが可能です。

これは、HDDと比べて数倍高速です。

動作音もほとんどなく、消費電力も少ないため、使い勝手が非常に良いという特徴があります。

小さくて軽量、動作中であっても衝撃にも強いため、頻繁に持ち運ぶノートパソコンや外付けのポータブルSSDなどに向いています。

SSDのデメリット

    • 容量単価が高い
    • HDDと比べて容量が少ない

SSDは、HDDと比べて容量単価が高いという点がデメリットとしてあげられます。

そのため、同じ容量のデータを保存したいと考えた際、HDDと比べてSSDは大変高価です。

また、HDDは10TB以上の製品がいくつもありますが、SSDは数TBまでの製品しかラインナップされていないのが実情です。

SSDはパフォーマンス重視の性能であるため、高いパフォーマンスが求められるシステムに向いています。

特にランダムアクセスにも強いという面から、小さなファイルを頻繁に読み書きするシステム領域やデータベース領域での用途に向いています。

VPSではSSDがおすすめ

VPSなどのホスティングサービスで内蔵ストレージを選択する場合は、システム領域で利用する点からも、SSDがおすすめです。

例えば、Webサイトを構築する際にSSDを選択すれば、Webサイトの表示速度を高速に行えます。

システムのパフォーマンスがサービス提供に大きく関わる場合は、SSDを選択しましょう。

▼全プランSSD搭載! VPSなら「ミライサーバー」Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

HDDとは

HDD(ハードディスクドライブ)とはどのようなもので、SSDと比較してどのような違いがあるのでしょうか。

HDDの構成

HDDディスクは、磁気ディスク(プラッタ)、磁気ヘッド、スイングアーム等で構成されます。

スイングアームによって運ばれる磁気ヘッドが、高速回転している磁気ディスクに対して磁気を利用してデータの読み書きを行います。

HDDは複数の磁気ディスクによって構成されており、磁気ディスクの表面には記録用の磁性体が塗られています。

データは磁気ディスクの同心円状に、片面または両面にデータが記録されます。

データを読み書きする際は磁気ヘッドを磁気ディスクに移動させる必要があります。

このためランダムアクセスでは10ミリ秒程度磁気ヘッド移動分の遅延が発生するため、シーケンシャルアクセスが得意です。

また、高速回転する磁気ディスクに物理的にデータを記録するため、磁気ディスクにわずかな凹凸や傷があるとデータの読み書きができません。

そのため、使用中は衝撃や振動に特に注意する必要があります。

この特性のため、HDDはディスクそのものが硬い(ハード)素材で作られています。

HDDのメリット

SSDと比較した場合のHDDのメリットは、以下のとおりです。

    • 容量単価が安い
    • 大容量データの保存が可能

HDDの特徴はなんといっても容量単価が安く、大容量データの保存ができることです。

最近ではコンピューターだけでなくデジタル放送の番組録画用として外付けの大容量HDDがラインナップされています。

動画や音楽など、データサイズが大きいデータを大量に保存するのに向いています

特に、大きなデータだとシーケンシャルアクセスが行われるため、パフォーマンスの点でもHDDの特性を活かせます。

HDDのデメリット

    • 衝撃に弱い
    • 読み書きが遅い
    • 消費電力が大きい

HDDは磁気ディスクが高速回転している中で物理的にデータを読み書きするという構造上、衝撃に弱いというデメリットがあります。

特に、衝撃によって磁気ヘッドが磁気ディスクに接触し傷がついてしまうとデータの破損やHDDそのものの故障につながります。

そのため、使用中はできるかぎり振動や衝撃がないのが望ましく、据え置き型のデスクトップパソコンやNASなどのストレージサーバーに向いています

また、SSDと比べると読み書きが遅いです。

パソコンの処理速度が遅い場合は、内蔵ストレージがHDDかどうかも確認しておくとよいでしょう。

HDDからSSDに交換すると、処理速度が大きく改善します。

HDDは消費電力が大きいという点もデメリットです。

バッテリーを消費しやすいため、持ち運びに向いていない点とあわせて、ノートパソコンでは不向きです。

SSDとHDDの比較

SSDとHDDの違いをまとめると、以下の表のようになります。

 SSDHDD
データ保存方法フラッシュメモリに読み書き回転する磁気ディスクに読み書き
読み書き速度高速低速
容量HDDよりも少ない大容量データの保存が可能
容量単価高価安価
耐衝撃性高い低い
消費電力小さい大きい
動作音小さい大きい
主な用途起動ディスクやデータ更新動画や音楽など、大容量データの保存

これまで見てきたように、SSDとHDDの違いは以下のとおりです。

    • SSDはHDDよりも高速なデータの読み書きが可能
    • SSDはHDDよりも容量単価が高価
    • HDDはSSDよりも大容量データの保存に向く

SSDは、OSやアプリケーションなどソフトウェアのインストール保存先として適しています。

SSDを使えばソフトウェアを高速に起動でき、スムーズに作業を進めることができます。

対してHDDはパフォーマンスが特に求められず、大容量が求められる動画や音楽、大容量データのバックアップの保存先のディスクに使用するとよいでしょう。

SSD搭載のVPSなら「ミライサーバー」

本記事では、SSDとHDDの違いについて解説してきました。

先述のように、VPSなどのホスティングサービスを利用する際には、SSDが選択できるかということもポイントになります。

VPSを選ぶ際は、基本的には高速処理が可能なSSDが搭載されているものを選ぶのがおすすめです。

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSDを全プランに搭載しています。

また、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから、OSを選択することができます。

2週間無料のトライアルも可能なので、ご契約前にじっくりお試しいただくことができます。

▼ミライサーバーについてはこちらUnix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

まとめ

本記事では、SSDとHDDの違いについて解説しました。

SSDとHDDは同じデータの保存が可能な記憶媒体ですが、特徴が異なるため、用途に応じて適切に選択することが大切です。

パソコンやサーバー、VPSの内蔵ストレージとして利用する場合はSSDがおすすめです。

高速にデータの読み書きができるため、優れたパフォーマンスが期待できます。

対して、オンラインストレージや外部バックアップなど、大容量データの保存に使う場合は、HDDがおすすめです。

2つの特徴の違いを理解したうえで、適した用途で選択するとよいでしょう。

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

TOP