Ubuntu 22.04.2 LTS にDockerをインストールする手順【初心者向け】

DockerはLinuxのコンテナ技術を使用した仮想環境用プラットフォームです。

従来の仮想マシンと比べ、ホストマシンのカーネルをそのまま利用するため、軽量で高速に動作させることができます。

本記事では、Ubuntu 22.04 LTSにDockerをインストールする手順について解説します。

これからDockerを利用される方は本記事を参考に、インストールしてみてください。

Ubuntuの基本については以下の記事で詳しく解説しています。

LinuxVPSで利用するなら
ミライサーバー

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

Ubuntuインストールのための事前準備

前提条件

今回は、仮想マシン上に構築されたUbuntuを使用します。

仮想マシンのスペックは以下のとおりです。

    • CPU:2vCPU
    • Memory:4GB
    • Disk:50GB

Ubuntu、およびDockerは以下のバージョンを利用しています。

    • Ubuntuのバージョン:Ubuntu 22.04.2 LTS
    • Dockerのバージョン:Docker version 24.0.6, build ed223bc

また、コマンドの標記については、実際に入力するコマンドを太字、補足の内容を青字で記載しています。

一般ユーザーをsudoグループに追加

Dockerをインストールするには、管理者権限が必要です。

rootアカウントを使用するか、通常ユーザー(以下の例では、testuser)をsudoグループに追加しておきましょう。

# usermod -aG sudo testuser

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

Dockerのインストール

Dockerとは

Dockerはコンテナ技術を使用した仮想環境用プラットフォームです。

コンテナはアプリケーションおよびアプリケーションの動作に必要なライブラリ、ミドルウェアをパッケージ化したものです。

そのため、コンテナを利用することでアプリケーションが動作する環境を素早く構築することが可能になります。

また、Dockerは1つのOSに対して多数のコンテナを起動でき、ハードウェアリソースを有効活用できるというメリットもあります。

1つのハードウェア上に複数の環境を構築する方法として、コンテナを使用する以外にも仮想マシンを使用する方法があります。

仮想マシンは1つのホストOS上に複数のゲストOSを起動させ、ゲストOSの中でアプリケーションを動かします

しかし、ゲストOSを介する分、リソースが消費される上処理速度も低下するというデメリットがありました。

Dockerでは、ゲストOSを使用しない構成のため、仮想マシンを使用する構成よりもリソースや処理速度の面で優れているといえます。

Dockerを使用する際に考慮しなければいけない点としては、ホストOSがDockerに対応していないといけません

WindowsやMacOS、Linuxは対応していますが、Windows Serverは対応していない点に注意が必要です。

また、コンテナ上で動作するホストOSは共通であるため、異なるOS上でアプリケーションを動作させたい場合は、仮想マシンを使った構成にする必要があります

Dockerのインストール手順

ここからは、Ubuntu 22.04の環境にDockerをインストールする手順を解説します。

手順1:パッケージリストの更新

最初に、登録されているパッケージリストを最新に更新します。

$ sudo apt-get update

手順2:必要なパッケージをインストール

次に、必要な依存関係のパッケージをインストールしていきます。

$ sudo apt-get install ca-certificates curl gnupg lsb-release

手順3:Docker公式のGPG公開鍵をインストール

Docker公式のGPG公開鍵をインストールします。

事前に保存するディレクトリを作成し、作成したディレクトリに対してインストールします。

$ sudo mkdir -p /etc/apt/keyrings
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg –dearmor -o /etc/apt/keyrings/docker.gpg

手順4:Dockerリポジトリを追加する

リポジトリに、公式のDockerリポジトリを追加します。

$ echo \
“deb [arch=$(dpkg –print-architecture) signed-by=/etc/apt/keyrings/docker.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
$(lsb_release -cs) stable” | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null

リポジトリを追加したら、再度パッケージリストを更新しておきます。

$ sudo apt-get update

手順5:Dockerインストール

最新バージョンのDockerをインストールします。

$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io docker-compose-plugin

手順6:Dockerグループにユーザーを追加

現在の状態では、sudo権限がないとDockerを実行できません。

sudo権限なしでDockerを実行できるようにするため、Dockerグループにユーザーを追加しておきます。

今回は例として、「testuser」ユーザーを追加します。

$ sudo usermod -aG docker testuser

追加したら、設定を反映させるために一度ログアウトし、再度ログインしておきましょう。

Dockerの動作確認

Dockerをインストールしたら、動作確認を行います。

まず、バージョン情報を確認してみます。

$ docker -v

以下のコマンドでは、Hello world サンプルdockerイメージを取得して、実行しています。

問題なければ、「Hello from Docker!」が表示されます。

$ docker run hello-world

ここまでで、Dockerのインストールは完了しました。

以降は、Dockerイメージおよびコンテナを入手し、コンテナをビルドすればDocker上でコンテナが動作するようになります。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

まとめ

今回はUbuntuを使用してDockerをインストールする手順について紹介しました。

Dockerはコンテナを使用した仮想環境用プラットフォームで、コンテナを使用すれば環境を素早く構築することができるようになります。

また、仮想マシンを使用するよりもゲストOSを使用しない分リソースを消費せず、処理性能でも優れているというメリットがあります。

反面、異なるOS上でアプリケーションを動作させたい場合、Dockerでは対応できないことを理解しておきましょう。

UbuntuでDockerをインストールすれば、その上で複数のコンテナを動作させることも可能になります。

ぜひ今回ご紹介した手順でDockerをインストールしてみてください。

UbuntuをVPSで利用するならミライサーバー

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSD全プランに搭載しています。

OSは、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから選択することができます。

2週間無料トライアルを実施しておりますので、まずはお気軽にお試しください。

▼ミライサーバーについてはこちら▼Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

プランの選択でお困りの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム:https://www.miraiserver.ne.jp/formmail.html

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

おすすめ記事 最近の記事
  1. VPSに申込み、SSH接続するまでの流れ【ミライサーバー】

  2. KUSANAGIとは。超高速CMS実行環境でWordPressが高速に!

  3. レンタルサーバーからVPSへの移行!方法や注意点を解説

  1. Laravelとは。人気のPHPフレームワークを解説! 

  2. Laravelのインストール手順を解説【Ubuntu 22.04】

  3. Redmineの使い方をわかりやすく解説!【画像付き】

ランキング

  1. 1

    Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

  2. 2

    UbuntuにSSHサーバーを構築し、SSHに接続する手順【初心者向け】

  3. 3

    SSH接続とは。リモートコンピューターへの接続方法をわかりやすく解説

カテゴリー

TOP