Auto-GPTとは。Ubuntu 22.04にインストールする手順を解説。

Chat-GPTをはじめとする人工知能(AI)モデルが注目を集めています。

そんな中、最近特に話題になっているのが、オープンソースのAIモデル「Auto-GPTです。

本記事では、Auto-GPTの概要およびChat-GPTとの違いを紹介した上で、Ubuntu環境にAuto-GPTをインストールする手順を解説します。

Ubuntuの基本については以下の記事をご参照ください。

UbuntuVPSで利用するなら
ミライサーバー

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

Auto-GPTとは

Auto-GPTの特徴

Auto-GPTは、2022年3月30日にSignificant Gravitasという名の開発者によってGitHubに投稿された、オープンソースアプリケーションです。

OpenAIのAIモデルであるGPT-4言語モデルを使用して開発されています。

Auto-GPTの特徴は、人の手を必要とせず、自立的にタスクを実行できることです。

具体的には、「名前」「役割」「ゴール」を与えるだけで、自分でプロンプト(生成系AIに対する言語による指示)を作成します。

これにより、自動的に作業を行い、さまざまなタスクを達成することができます。

例えば、Auto-GPTの活用例としては、以下のものがあります。

    • 市場調査レポートの作成
    • Webサイトやプログラムの制作
    • 目標達成のために必要なタスクの提示

Auto-GPTは、思考プロセスを連鎖させることで目的を自律的に達成し、AIの可能性を拡大させる画期的なシステムといえます。

Auto-GPTとChat-GPTの違い

Auto-GPTとChatGPTはどちらもAIモデルであり、テキスト生成や文章の改善が可能です。

この2つの大きな違いは、AIによる指示である「プロンプト」の作成者が異なることです。

ChatGPTは、ユーザーがプロンプトを作成し、Chat-GPTがその内容に基づいてタスクを実行します。

そのため、適切な指示を行うにはユーザーが校正や改善を行わなければいけません

一方、Auto-GPTは、プロンプトの作成からタスクの実行、改善まで自動的に行います。

ユーザーはあくまで目標を設定するだけです。

Auto-GPTは与えられた目標を達成するため、インターネットから多くの情報を読み込み、ユーザーの指示なしで適切なアクションを実行します

Auto-GPT利用時の注意点

Auto-GPTはオープンソースのアプリケーションであるため、その利用自体は無料です。

しかし、Auto-GPTを使用する際にはOpenAI APIキーやPinecone APIキーが必要であり、これらは従量課金制です。

したがって、使用した分だけ利用料金が発生します。

利用料金を抑えるためには、必要な分だけ利用することが重要です。

なお、OpenAIの利用料金については公式サイトで確認できます。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

Ubuntu 22.04 LTSにAuto-GPT構築する手順

ここからは、Ubuntuの22.04上にAuto-GPTを構築する手順について紹介します。

手順1. Pythonの最新バージョンをインストール

最初に、パッケージをアップグレードします。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

デッドスネークPPAをリポジトリに追加します。

$ sudo add-apt-repository ppa:deadsnakes/ppa

Python 3.11をインストールします。

現在の最新バージョンは3.11ですので3.11を指定していますが、実際はその時点の最新バージョンを指定します。

$ sudo apt install python3.11

続いて、pipをインストールします。

$ sudo apt install python3-pip

これでPythonの最新バージョンとpipがインストールされました。

手順2. Gitのインストール

Auto-GPT本体はGithubから取得するため、Gitをインストールします。

$ sudo apt install git

以上でGitがインストールされました。

手順3. Auto-GPTのインストール

Githubから、Auto-GPTリポジトリをクローンします。

バージョンを指定してインストールします。

本記事執筆現在の最新バージョンは0.4.7です。

$ sudo git clone -b v0.4.7 https://github.com/Significant-Gravitas/Auto-GPT.git

クローンが完了すると、Auto-GPTディレクトリが作成されるので、移動します。

$ cd Auto-GPT

以上でGitがインストールされました。

手順4. OpenAIのAPIキーを取得

ここから、Auto-GPTを構成していきます。

Auto-GPTを使用するためには、APIキーを取得する必要があります。

最初にOpenAIのAPIキーを取得します。

OpenAIのAPIキーは「platform.openai.com」に接続し、アカウントにサインインする必要があります。

アカウントがない場合は、作成しておきましょう。

サインインしたら、支払い設定を行います。

注意点でも説明したとおり、従量課金制であるため、支払い設定が必要です。

支払い設定をしていないと、Auto-GPT実行時にエラーが出てしまいます。

もし、Auto-GPTを実行した際にエラーになったときは、支払い設定がされているか確認しましょう。

支払い設定の確認方法は、左ペイン「Billing」→「Overview」から、「Payment methods」を選択します。

右上のプロファイル画像を選択し、「View API keys」を選択します。

「Create new secret key」を押下し、秘密鍵を作成します。

任意の名前を設定し「Create secret key」を押下すると、認証情報が表示されるので、それをコピーします。

コピーしたAPIキーは、.envファイルに記載します。

Auto-GPTのソースコードに「.env.template」ファイルがあるので、それをコピーした上で、APIキーを登録します。

$ sudo mv .env.template .env
$ sudo vi .env

.envファイル内にOpen-AIのAPIキーを記載する箇所があるので、先ほどコピーしたAPIキーを設定します。

また、Auto-GPTを実行するのに必要なパッケージを以下のコマンドでインストールします。

$ pip install -r requirements.txt

以上で、OpenAIのAPIキーの取得と設定、必要なパッケージのインストールが完了しました。

手順5. PineconeのAPIキーを取得

PineconeのAPIはこちらのサイトから取得します。

アカウントがない方は作成しておきましょう。

サインインしたら、左ペイン「API Keys」を選択し、右のボタン「Create API Key」を押下します。

APIキーに任意の名前をつけます。

作成したら、「Enviroment」とAPIキーをコピーし、.envファイルに登録します。

.envファイルの登録には、「MEMORY」のあとに記載します。

以上で、PineconeのAPIキーの取得と設定が完了しました。

手順6. GoogleのAPIキーを取得

Google Cloud プラットフォームの認証情報ページから、APIキーを取得します。

サインインしたら、右の「プロジェクトの作成」リンクを選択します。

プロジェクト名に任意の名称を設定し、「作成」を選択します。

以下の例では「Auto-GPT」としています。

プロジェクトが作成されたら、上部にある「認証情報の作成」リンク→「APIキー」を選択します。

APIキーが作成されます。

APIキーをコピーし、.envファイルに登録します。

.envファイルには、「WEB BROWSING」の中で登録します。

以上で、GoogleのAPIキーの取得と設定が完了しました。

手順7. Custom Search Engine IDを取得

Googleのこちらのサイトから、Custom Search Engine IDを取得します。

「追加」ボタンを押下し、新たに検索エンジンを作成します。

検索エンジン名は、任意の名前を設定します。

「ウェブ全体を検索」と「私はロボットではありません」にチェックをいれ、作成ボタンを押下します。

作成が完了すると、コードが表示されます。

このコードの中から、以下の例のように、「cx=」の後の文字列の部分をコピーし、.envファイルに登録します。

.envファイルには、先ほどと同様「WEB BROWSING」の中で登録します。

以上で設定は完了です。

手順8. Auto-GPT起動

設定が終わったら、Auto-GPTを起動させます。

$ sudo ./run.sh

起動に成功すると、プロンプトが表示されます。

これで設定が完了し、Auto-GPTのインストールができました。

\ 2週間無料でお試しできます! /
VPSを使ってみる

まとめ

本記事では、Auto-GPTについて解説しました。

Auto-GPTはGPT-4言語モデルを活用して開発されたオープンソースアプリケーションです。

Chat-GPTとは異なり、「名前」「役割」「ゴール」を与えるだけで、プロンプトをユーザーが作成しなくても、ほぼ自動的に作業をしてくれます。

ぜひ今回紹介した手順で使い勝手を試してみるとよいでしょう。

ただし、従量課金制であるため、使えば使うほど費用がかかります。

利用の際には十分にご注意ください。

UbuntuをVPSで利用するならミライサーバー

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSD全プランに搭載しています。

OSは、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから選択することができます。

2週間無料トライアルを実施しておりますので、まずはお気軽にお試しください。

▼ミライサーバーについてはこちら▼Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

プランの選択でお困りの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム:https://www.miraiserver.ne.jp/formmail.html

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

おすすめ記事 最近の記事
  1. VPSに申込み、SSH接続するまでの流れ【ミライサーバー】

  2. KUSANAGIとは。超高速CMS実行環境でWordPressが高速に!

  3. レンタルサーバーからVPSへの移行!方法や注意点を解説

  1. Laravelとは。人気のPHPフレームワークを解説! 

  2. Laravelのインストール手順を解説【Ubuntu 22.04】

  3. Redmineの使い方をわかりやすく解説!【画像付き】

ランキング

  1. 1

    Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

  2. 2

    UbuntuにSSHサーバーを構築し、SSHに接続する手順【初心者向け】

  3. 3

    SSH接続とは。リモートコンピューターへの接続方法をわかりやすく解説

カテゴリー

TOP